【新サービス】 広告表現チェックツール『KONOHA for 動画』リリースのお知らせ

|薬機法や景品表示法に抵触する恐れのある表現が動画広告に含まれているか1クリックでチェック


広告監修およびコンサルティング業務を手掛ける、株式会社アートワークスコンサルティング(所在地:東京都新宿区西新宿7-17-14 新宿エイコービル402、代表取締役:高橋聡)は、この度動画広告において薬機法や景品表示法に抵触する恐れのある表現をチェックできる新サービスをリリースしたのでここにお知らせ致します。

|背景


動画広告はデジタルマーケティング活動で必須の活動になってきており、今後も急速な拡大が見込まれ、2025年には1兆円規模に達すると予測されています。
(参考:https://www.cyberagent.co.jp/news/detail/id=27195

|課題


急速な市場拡大に伴い、優良誤認、有利誤認を招く動画広告が監修もなされず配信されている現状があります。

短い動画広告でも30秒以上あります。
監修するためには最初から最後まで視聴する必要があります。
そのため時間と労力がかかることが事前に監修されない主な要因として挙げられます。

しかし、配信前に監修を行わず漫然と動画を配信した場合、配信停止のみならず法律に抵触する恐れがあります。
また、配信者の信頼を低下させることに繋がりかねません。

|解決方法


KONOHA for 動画』は、1クリックで数十秒~数分で動画の文字起こしと薬機法や景品表示法等に抵触する恐れのある表現が含まれているかチェックすることができます。

監修コストを大幅に削減するとともに、法律遵守と企業の信頼性向上が期待できます。

|特徴


・ 動画の文字起こしができます。
・ YouTubeのURLを入力するだけで薬機法や景品表示法に抵触する恐れのある表現が含まれるかチェックできます。

|コノハ for 動画3つの特徴


|コノハ for 動画の機能


YouTubeにアップしたURLを入力してください。
チェックする」ボタンを押すと診断できます。
また、便利な検索履歴付き。過去最大20件まで履歴が表示されます。

マウスオーバーで指摘の理由を見ることができます。

サービスの詳細はホームページに掲載しております。
URL: https://free.konohacheck.com/

PAGE TOP