卒業生にAWCインターンを振り返ってもらう #3

|卒業生が振り返る、AWCインターンの良さ


こんにちは〜!採用担当 濱田です☺︎
今回は!AWCインターン卒業生がAWCインターンの良さを語ります!
もっとやりたかったこと、AWCインターンで気づいたこと、インターンをしていなければ気づかなかったこと・・・などなど
いろんな一面をインタビューしてきました☺︎

|今回書いてくれたAWCインターン卒業生


唐澤 明日香(からさわ あすか)
大学3年生
2021年12月にAWCインターンに参画、2022年5月に卒業
参画中は、営業を担当

|苦手だけど、魅力を感じて始めたインターン


AWCでは、メールの送信や架電する企業のリストアップといったインサイドセールス業務と実際に企業に電話をかける営業を行っていました。
インターンを始めたきっかけは、当時アルバイトをやめたばかりで時間に余裕があり、次に働くならアルバイトではなく実践的に社会のことが学べるインターンと決めていました。インターン自体に興味はあったので事前にいくつかサイトを見ていたのですが、★だけつけて放置していて、、いざ始めようと思ったときに真っ先に思い浮かんだのがAWCだったので即応募しました。
私が一番やりたくなかった業務が営業で、ノルマがあるとか詰められるっていうのが苦手というのが理由だったのですが、学生で営業を行っているというところに魅力を感じて始めました。

|インターン生でも裁量権がある


様々なバックグラウンドを持ったメンバーがいるので、始業前に行う一分間トークなどで聞けるお話がとても面白いです。同じ話題でも自分の考え方や価値観との違いを知れるのでとても良い経験になりました。
業務の中ではインターン生でも裁量権があるというところが魅力だと感じています。自分たちで施策を考え、実際にそれが業務として行えるのでモチベーション向上に繋がりました。以前の案と重ならないように一工夫して考えることも楽しかったです。

インターンで特に印象に残っている出来事は、普段とは異なる業態の方に架電を行いアポを取ったことです。なかなかアポをとることができなかったのですが、担当の方と仕事とは別の話で距離を縮め最終的にzoomでのミーティングをおこなうことができました。関係構築の重要性とアポをとってつなげることができたという達成感を得ました。

|卒業したから思う、もっとやっておきたかったこと


インプットやアウトプットをもっとすればよかったと思っています。あと業務時間外にしっかり時間を取って整理する時間を設ける必要があったと感じています。自分の性格上整理を行ってから応用していくというやり方がベストだと思っているのですが、なかなか時間が取れずもっとやっておけばよかったと今後悔しています。また卒業して企業研究などを行っている際にAさんにはこのようなアプローチができたというように自分で考えて差別化を行いながら架電できたのではないかとも思っています。

卒業する際に高橋さんとお話をして、その中で「コミュニケーションを鍛えた方がいい」という言葉というか指標をいただきました。営業だけでなく社会に出た際に重要になると就活をして改めて実感しているのでこの部分を伸ばせるようにしていきたいと思っています。
AWCに入り広告による消費者トラブルについての実態を知りました。このような社会課題に対して何か解決策を講じられるように問題自体の理解を深めていきたいと思っています。

|これからインターンを始めようと思っている人へ


インターンと聞くと少しハードルが高いかもと思ってしまう方もいるかと思います。
もちろんアルバイトとは異なった形態のため責任感や業務に対し求められるものも変わってきます。でも気負わずに自分がやりたいこと、頑張りたいと思うことを優先に考えてチャレンジしてみてください。採用の基準も異なりますし、こなせる業務、成果によって自信が付きます。経験はガクチカにも価値観のブラッシュアップにもつながると思います。やって後悔することってないと思います。
是非興味を持ったその気持ちを大切に挑戦してほしいと思います。

|私たちと一緒に働きませんか?


AWCでは、インターン生を募集中!
とにかく自由で、個性豊かなメンバーと一緒に働きながら成長できる環境があります。
何よりの魅力は・・・
完全リモートだから、全国どこからでも業務が可能!

詳しくは、以下のページをご覧ください。
エントリーお待ちしております!

Recruit

Wantedly、インターンシップガイドにも掲載中!
◯Wantedly

◯インターンシップガイド

PAGE TOP