卒業生にAWCインターンを振り返ってもらう #2

|卒業生が振り返る、AWCインターンの良さとは?


こんにちは〜!採用担当 濱田です☺︎
今回は!AWCインターン卒業生がAWCインターンの良さを語ります!
もっとやりたかったこと、AWCインターンで気づいたことなど、普段とは違う一面が見られる機会です!

|今回書いてくれたAWCインターン卒業生


片山 桃子(かたやま ももこ)
大学3年生
2021年7月にAWCインターンに参画し、12月に卒業
参画中は、営業やフリーランス向けのコノハ体験セミナーを担当

|ご縁から始まったAWCインターン


主に担当していた業務は、営業、体験セミナー、インターン生交流会でした。
まず営業の業務では、火・水・木曜日の14:00~16:00の2時間架電を行って、コノハに関して使て頂けないかお話しをしていました。また、架電からアポイントを取らせて頂き、話合いをさせていただいていました。体験セミナーでは、フリーランス様向けのセミナーを担当しており、先輩インターン生が以前つくっておられたシナリオや資料を元に、自分なりのセミナーをつくって、月に一度セミナーをリモートで開催していました。インターン生交流会の企画・運営は、AWCインターン生だけではなく、外部のインターン生や大学生を対象としてオンラインイベントを企画していました。

私は当初、Webディレクターの業務を主に志望していましたが、併せて今まで経験したことの無い”営業”の業務も挑戦してみたいと考えていました。長期インターンでは、自分の持っているスキルを活用・試すこともできますし、自分が今まで経験したことのない分野のスキルを得られる場でもあると思います。
実際にいちから営業のやり方を学んで行くなかでは、うまくできない自分に悔しさを覚えることが多かったです。それでも、丁寧に教えて頂いたりフォローして頂いて、苦しい中でも継続して積み重ねることで少しづつ成長することができました。
このインターンを始めたきっかけは、自分の成長の為に長期インターンに挑戦したいと考えており、AWCの長期インターンを知りました。知ったきっかけは、AWCのインターン生が企画しておられたイベントで、代表である高橋さんとお話ししたことでした。このイベント自体も、自分が以前参加していた思い入れのあるイベントを通じて知ったもので、ご縁を感じインターンをすることを決めました。

|インターン生の雰囲気の良さに感動した


インターンの良さは、挑戦機会が沢山あることだと思います。大学生でありながら、ここまで任せて貰える環境はとても貴重で、大きく成長できると思います。
そして、それ以上にインターン生の雰囲気の良さに感動しました。「在り方」に重きを置いた会社であることを、インターン生、社員の方々の皆が体現している会社だと感じています。業務の中では、成長痛であろう苦しい場面も多々ありますが、インターン生メンバーの存在が一緒にのりこえて行くための大きな支えになっていました。
特に相手を褒める姿勢や、他責にしない在り方がしっかりと根付いていて、周りの皆さんの人間生の良さに救われながら、自分自信の在り方に対して多く学ばせて頂きました。

|上げればきりがないくらいの挑戦や失敗


インターンで印象に残っているエピソードは、上げればきりがないくらい挑戦やら失敗やらでドタバタしていました(笑)その中でも、2つ強く印象に残っているエピソードがあります。

一つ目は、始めて行ったフリーランス様向け体験セミナーが終わった直後に行った反省会です。
正直、このセミナーは自分の力不足を大きく感じる機会になりました。
特に振り返りの機会に高橋さんに仰っていただいた「プロに対して価値を提供するのならば、プロ以上の努力をしなければいけない」という言葉が大きく響ました。
今までの自分は大学等で社会人の方と一緒に活動する機会がありましたが、大学生だからとゆるされていた部分があったように思います。自分自信「大学生」という肩書きに甘えていたのだと思います。AWCの一員として仕事をするということの責任を大きく感じると共に、社会で働く方々と向き合う際にプロ意識を持って全力で取り組まなければいけないという事を学ぶ機会になりました。

二つ目は、営業に関して先輩が教えて下さった話し方を実践したら、本当にアポイントが取れたという出来事です。この件を皮切りに、アポイントを取れる数がどんどん増えていきました。
営業を学ぶなかで、本当にどこまでも親身になって営業のノウハウを教えて下さいました。
貴重な時間を割いて毎日振り返りを行い、どうしたらより良い架電が行えるのか一緒になって考えていました。
正直、大学でも色々と活動を行う私ですが、こんな親身すぎる先輩をいままで見た事がなかったです(笑)
何に対しても全力で、部下に対しても真剣に向き合って下さっているのだと実感し尊敬しています。

|「働く」という事の厳しさや、人としての在り方を学んだ


営業の業務をもっと続けて更に、成長していきたかったという想いもあります。
そういった意味で”やりたかった事”はあるかもしれませんが、自分ができる最大で取り組んでいて、やっておけばという後悔はないです。強いて挙げるとするならば、もっと大学の活動をセーブして、本気でAWCで挑戦できたらよかったなという思いはあります。働くということは、自分の人生の多くを費やす覚悟が必要なのだと思います。
AWCでのインターンを通して「働く」という事の厳しさや、人としての在り方を学ぶことができました。
そして「営業」に関しても多く学ぶことができました。また、インターンをする中で”デザイン”等の強みがあることをか感じました。これらのことを活かして、自分が軸としている”地域”や”暮らし”に関わる仕事や、”デザイン”を活かした仕事を行っていきたいと考えています。

|インターンを始めようと考えている人へ


やりたいという気持ちがあるのであれば、是非飛び込んでみて欲しいと思います。
関わる人、経験が一気に増えて、毎日が新たな挑戦で溢れます。
(ホメオスタシスどこ行ったんだ?って思いました(笑))
それから実際に仕事をしてみると、業務それぞれのイメージがつかめたり、自分の強みと弱みを知ることができると思います。それらは、今後のキャリアにおいても指針になっていくと思います。
私に似た人でいえば、今の大学で自分の熱量と周りの熱量の差に苦しんでいる人に是非参加してみて欲しいです。熱量のある仲間が世の中にはいるんだということを知れると思います。そういった仲間と一つの目標に向かって努力する経験はとても貴重です。その中で、自分の弱さにもきっと気付けて、人間として厚くなれるんじゃないかと思います。
そしてもし、AWCでのインターンを始めると決断したのであれば、是非「在り方」を大切にして欲しいです。
それから、皆さんと仲良くなってほしいです。信頼関係が仕事にも繋がっていくと思います。
インターン生の力でAWCが目指すビジョンである、全ての広告で広告チェックを事前に行う世界になることを期待しています。

|私たちと一緒に働きませんか?


AWCでは、インターン生を募集中!
とにかく自由で、個性豊かなメンバーと一緒に働きながら成長できる環境があります。
何よりの魅力は・・・
完全リモートだから、全国どこからでも業務が可能!

詳しくは、以下のページをご覧ください。
エントリーお待ちしております!

Recruit

Wantedly ・インターンシップガイドにも掲載中!
◯Wantedly

◯インターンシップガイド

PAGE TOP